こんにちは!
DP(デザインプロデュース領域)です。
今回、私たちがデザインしたのは
三洋堂書店です。
三洋堂書店は、名古屋を本社に、愛知、岐阜、
三重、滋賀、奈良、 福井、長野、千葉、
茨城の9県で店舗を展開しています。
 東海地方で暮らすわたしたちにとって、
とても馴染みの深い書店です。 

しかし、国内ではインターネットの普及や
書籍の電子化 により
20年間で約半分の書店が姿を消しました。
 
そんないま、
「リアルな書店で必要な価値とは何なのか?」 
「三洋堂書店はどんな姿であるべきなのか?」
 書店がつくる、
新しい社会的価値をデザインします。 

これまで、店舗での調査・観察や、
社員さんたちとのワーク、
 プロトタイプの実施、プレゼンテーションなど
 約5ヶ月にわたって行ってきました
※こちらのページからDP学生の
ポートフォリオがご覧いただけます。
わたしたちが目指す
新しい三洋堂書店
三洋堂書店のスローガン、 
「あらたなであいのおてつだい」から、 
「あなたをつくるおてつだい」へ。
 
自分を見失いがちなわたしたちに、
 向き合う時間を届けてくれる書店
を目指します。

3チームからの提案をご覧ください。
「 心を整理整頓する 」
心の中にある自分の気持ちを
紙に書き出し、
その気持ちをポンしてくれる
体験を提案します。
これによって本屋さんが
より心の整理整頓ができる場所になります。

- 加藤大和 -加藤義規 -西尾日花
「 気持ちを誰かに伝える 」
読書は自分と向き合う時間。
そこで生まれる心の声を書き出し、
贈り物として大切な人へ届ける。
三洋堂書店と本を通して、
私たちが生きやすい未来を
つくるための提案です。

- 稲森雅衣 -内藤貴美
「 楽しくわたし探しする 」
物事を深く考えられる深夜。
本探しを通して、楽しく「わたし探し」
できる「夜本」を提案します。
暗闇の店内で懐中電灯を片手に進むと、
「きらめくわたし」
との出会いが待っています。

- 中村純実 -中山萌加 -藤本司 
Back to Top